*時間

一体母がなくなってから何日たつのだろうか

生きている時よりも亡くなってからのほうが近くに感じる

何をするときでも語りかけている

恋しい そんな気分が

ふっと寂しくなる

心に風が吹く


良かった  本当に愛するようになっていたことを感じる


一時期大嫌いな時期があった

口を開けば愚痴ばかり そんな母が大嫌いになり

足も遠のき 何年と田舎に帰る事も無かった

愚痴をこぼす前にどういう風にしたいのかを考えれば良いのに

皆でいやになることを引き寄せているのならしょうがないじゃ無いか


私は近づく事をやめて 自分を作るのに精一杯な時期があった


それが 母がだんだん老い 車いすに そして寝たっきりに

そんな状態を見ている間に私の心が変化し始めた

辛かったな  お見舞いに日帰りで行く

何を話していいのか解らない 話すことが無い

姉妹は皆平気で話しかけている それなのに私は探さなければ話すことさえない

悲しかった  離れている時間が長すぎて共通の話題がなくなってしまっていた


片道四時間半 母の所にいるのは2時間ぐらい そして又四時間半ぐらいかけて帰って来る

帰りの車の中はいつも辛かった もっと何かして上げられる事は無いのか

母のいる状況を見ていると何処かが違っていると言う思いが

それでもどうする事もできない歯がゆさに いらだつ


ありがとう

ほんとうにありがとう

沢山の学びを与えてくださった事に感謝します

迷わずに魂の故郷に帰る事を祈り続けています

母さん 本当に有難う  ありがとう ありがとうございます

又いつか会いたいですね
     

コメント

Secre

     
スポンサードリンク
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

spacious

Author:spacious
一つの顔はバレエ教師
一つの顔はダンサー
一つの顔はヒーラー
     チャネラー
     レイキティーチャー
いくつもの顔を持ち、色々なアンテナを張り巡らせながら生きている

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる