*父親

私が16歳のとき父は逝ってしまった

全く父親という存在を理解する年齢には達していなかった

夜遅くにお酒臭いにおいをしながらひげ面をこすり付けてくる父親に対してものすごく怒りに近い感情を持っていた

はっきり言って好きではなかった

今だから思うこと

もう少し年齢がいって父親という人間としての生き方を知りたいとの思いが

どんな思いで生きていたのか

何をしようとしていたのかなど

全くわからない

不思議と言えば不思議かな

それよりも亡くなってからどんな苦しい状況の時も私は助けを求めたことがなかったことに気が付いた

どうしてなのかな

もう少し生きていてほしかったな

今 そう思う

感謝の心を持って
     

コメント

Secre

     
スポンサードリンク
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spacious

Author:spacious
一つの顔はバレエ教師
一つの顔はダンサー
一つの顔はヒーラー
     チャネラー
     レイキティーチャー
いくつもの顔を持ち、色々なアンテナを張り巡らせながら生きている

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる